僕は、小学生の頃から地元の川、そして現在は車で行ける範囲の渓流において、釣りをずっとしてきました。
しかし、父親の影響でエサは、ず~っと釣具屋で売っている養殖のブドウ虫でした。
川虫を使ったことがないんです。

理由としては、エサによる釣果の差はない、と思っていたからです。

渓流における渓流魚は、水中においては食物連鎖の頂点にいます。
食物連鎖の頂点に位置する存在ということは、常に飢餓の危機にさらされているということです。
そのため、渓流魚は流れてくるエサらしきものに対して、たった1回のチャンスを確実にモノにしなければなりません。
その1回のチャンスを逃すと、次はいつエサが流れてくるかわかりません。
積極的に餌を探すほど餌が豊富にある環境でもありません。

私がネットで見かけた画像ですが、大きなカエルを口一杯に入れ、まだカエルの下半身がはみ出ている状態で釣れたイワナを見たことがあります。
まだ胃の中にエサが収まっていないのに、そんな状態でも次の餌に食らいついてきたんです。

また、水の中をエサのように舞う落ち葉に対して、食らいついてきたヤマメの水中映像も見たことがあります。
エサじゃないと判断した途端、ペッと吐き出しましたが。

このように、渓流魚は常に貪欲じゃないと生きていけないと思うんです。
そのため、エサが川虫だろうがブドウ虫だろうがイクラだろうが貪欲な渓流魚なら関係ないと思ってたんです。

しかし、今年からちょっとエサ代を浮かそうかなというしょうもない理由で川虫を使い始めました。
そして、川虫の威力に驚かされました。

ブドウ虫と川虫を交互に使ったのですが、川虫の方が明らかに食いがいい。
魚がいるならまずだいたい1回目の通しで食ってくるし、落ち込みなんかに入れても、ブドウ虫より食うか食わないかの判断の時間が短い気がします。
食うか食わないかの判断、というより、餌を見つけるまでの時間かもしれません。

ブドウ虫より、川虫の方が水中でのアピール力が高いのかもしれません。
そして何より驚いたのが、良型は間違いなく川虫の方に来た、ということです。

川虫を使うまでは、ブドウ虫でも良型を釣ったことは何度もあります。
しかし、今回の釣行では、川虫だけに良型が来ていました。

ここからは僕の推論になります。

まず、渓流のポイントにおいては、1ポイントに対して渓流魚が1匹だけ、というのは考えにくと思います。
もし1ポイント1匹だけなら、渓流魚はその河川からすぐ絶滅してしまいます。
そして、1ポイントに数匹がいる場合、その群体の中でまず真っ先に遊泳力がある一番大きな魚が反応を示すと思うんです。
魚体が大きいということは、体を維持するのにもカロリーを小さい魚より消費しますので、何度も他の魚にエサを取られていたら致命的になります。

そして、大きい魚はその人生経験から、不自然なものをすぐ見分け、食えないと判断したらまた定位置に戻ると思うんです。
その後、同じようにサイズ順に大きい魚から順番にエサに近づき、食えそうかどうか判断しているのかなと。

そうすると、ブドウ虫なんかは経験の浅いおチビちゃんが比較的釣れることに合点が行きます。
過去にブドウ虫で大物を釣った時は、きっとそのポイントにほとんどおチビがいなかったのかなと。
そして、アピール力が高いオニチョロなんかは、真っ先にそのポイントにおける群体の中で、大きいものが真っ先に食いついてくるのかなと思いました。

つまり、渓流魚はどんな餌でも釣れるが、餌自体のアピール力が違うため、大物を釣ろうと思ったらよりアピール力の高い餌の方が、確率的に大物が釣れるのではないかと思います。
とにかく、エサによる奥の深さを見せつけられた感じがします。

投げ釣りでキス釣りもしますが、エサはジャリメかチロリの2択しかなかったからな~
(アオイソメでも釣れるけど、数釣ろうと思ったらジャリメかチロリの2択しかないです)

おすすめの記事